オーディション情報のjEntry

ファミコンゲーム「ゴルフ」の効果音の思い出

いまはDS、Wiiなど画面がきれいで、動きもまるでアニメや映画みたいに派手で迫力があるゲームが主流ですが、私達のこどもの頃はゲーセンかゲームウォッチしかありませんでした。

そこに彗星のように現れたのがファミコンです。小3のときに親にねだりまくって買ってもらいましたが、なぜか親が勝手に選んできて買い与えられたカセットが「ゴルフ」だったのです。

友達の家にあるカセットはマリオやポパイなどで効果音も明るくユーモラスな感じでしたが、ゴルフはBGM一切なし、効果音もボールの飛んでいる「ポーン」という音と、バンカーに入ってしまったときの「ザザッ」という音。そしてウォーターハザードのときの「パシャーン」という音とOB音だけで、画面の雰囲気といいなぜかすごくこわく感じ、夕方過ぎてあたりが暗くなってくるとひとりで出来なかったくらいです。
いまのゲームのBGMは音質もよくリアルです。

おどろおどろしい音も豊富ですが、ゴルフのあの効果音がどんなゲームのどんな効果音よりこわさでは最強だと確信しています。